メインイメージ画像

普通免許があれば評価の高い派遣のドライバーの仕事ができます

派遣の仕事にもドライバーがあります。派遣の仕事で評価が高いドライバーは、普通免許しか取得していなくても採用されるものがたくさんあります。車には車両総重量、あるいは最大積載量というものがあって、所有している免許の種類によってそれぞれ運転することができる車の最大値が違っています。大型自動車免許を持っていなければ多くの荷物を積むことができる大型のトラックを運転することはできませんが、普通免許を保持していれば普通免許で運転をすることができる範囲の車を使って派遣のドライバーとして働くことができます。ただし、2007年の6月までに普通免許を取得している方と、それ以降に普通免許を持った人とでは、運転することの可能な車の範囲は異なりますので留意をしてください。

運転免許を持っていなければ、まずは普通免許の取得を目指しましょう。普通免許だけを持つドライバーとして活躍する人は多数います。そこでドライバーの仕事が未経験という方は、まずは普通車で近距離配送の仕事をしてみましょう。そこでドライバーとしての経験を積んでいきましょう。こういう普通免許内で運転できる近距離配送の場合には、比較的小型で軽い荷物の配送の業務が多いので、女性の人でも安心して働くことができます。

時短勤務も可能ですので、派遣のドライバーの人にも主婦の方がたくさんいらっしゃいます。その分大型ドライバーに比べると賃金は安くなってしまいますけれど、体力的な面を考えると比較的就きやすいような仕事です。

もし普通免許で物足りなくなってしまったら、ドライバーなどとして働きつつ上位免許の取得をしていくのもいいでしょう。普通免許で雇ってもらえるような派遣のドライバーは、ドライバーとして働くきっかけとしてはぴったりです。

そのまま働いていくのはもちろん、ドライバーの仕事の楽しさを感じたら、可能性を広げるために更に免許を増やすのがおすすめです。中型免許とか大型免許を取得することで、できる仕事の範囲が拡大していきます。即座に仕事を変えるつもりはなくても、チョイスが増えるのは確実です。ドライバーとしての経験を積みつつ検討をしていくといいでしょう。

更新情報